キッチン雑貨と暮らし

キッチン雑貨とは何を表すか

キッチンは毎日食事を作る場所で生活に欠かせない居住空間です。キッチンにはお料理や片付けをより快適にする為に沢山の「キッチン雑貨」と呼ばれるものがあります。具体的に挙げていくと、お玉やトング、箸などを収納しておくボックスやスパイスボックス、スポンジ置きなどです。キッチンを見ればその人の性格や暮らし方がわかると言われています。ですのでキッチン雑貨がセンスよくかつ効率的に使われている場合は家事が上手な家庭と言えます。

人気のキッチン雑貨ブランド

一般市民に人気なキッチン雑貨のブランドはイケア、無印良品あたりだと思われます。シンプルなレイアウトが好きな人には無印良品、ポップでカラフルなものが好きな人にはイケアです。他にもエスニックテイストが好きな人はインドやタイの雑貨屋さんで仕入れたもの、高級なのが好きな人には海外のブランドや料理研究家が開発に携わったプロダクトなども人気です。男女でも好みが分かれますが、「使いやすいかどうか」という点においては共通です。

かける予算と価値について

お皿1つに1000円以上かけたくないという人もいればすぐに割ってしまうからダイソーで良いという人もいます。人によってキッチン雑貨にかける予算と価値感は違います。長く使いたいからある程度お金をかけたい人も間違っていませんし、低予算で何人分もまかないたいという考えも間違っていません。要するに大切なのは、自分にとってストレスなく使えるレイアウトや色、配置なのです。近年進化しているキッチン雑貨、さらなる成長業界に期待です。

キッチンをおしゃれに見せるコツは、保存容器や調理器具などのキッチン雑貨を同メーカーの同シリーズで揃えることです。それが難しい時は意識して色を揃えるだけでも、統一感が出てスッキリおしゃれになります。